個別型樹木葬「法楽陵(リョウ)」について

●●●●

子高齢化・核家族化が進む現代、お墓は後継者不在などのさまざまな問題を抱えています。
七ツ森の麓大和町宮床にある『法楽陵』は、故人のお骨を粉にして海や山へ撒く散骨ではなく、樹木を目印として埋葬する『樹木葬』でもなく、合祀してご供養する『共同墓』や『自然墓』でもありません。
故人お一人お一人を個別の納骨堂に埋葬することにより、ご親族、ご友人がお参りする際、その場所を特定してご供養することができます。
個別の墓碑に、生きた証としての思いを込めた言葉や花模様などを彫刻することも可能です。
従来の一般的なお墓と永代供養墓とを両立させたまったく新しいタイプの墓地スタイルです。
個別型永代供養樹木葬『法楽陵』は当山が永代にわたってご供養・管理を行う安心度の高い『永代供養墓』です。

契約後、個別墓にお納骨をしてから十二年が経過し、当山のご本尊大日如来様にお導きいただく十三回忌を迎えた年に墓前で住職がねんごろに供養し、招魂樹(オガタマノキ)の根元にある専用の共同墓へ合祀するまでの年間管理料と、永代供養料とを合わせて、費用は30万円です。
(埋骨方法についてはご相談に応じます)
お戒名などの表示については、ご希望によって、墓碑と、墓域の形に合わせた掲示板へ刻み、表示します。
ご夫婦については、お納骨の時期が異なりますので、お隣同士で契約していただきますよう。
もしも、お子さんなどの分もお考えの場合は、その分の契約数になりますが、当山には、後継者のあるなしにかかわらず60万円で建立できるお墓もありますので、いろいろとご検討ください。

十三回忌の後も個別墓地での供養をご希望される際は、一年間5千円の年間管理料で延長できます。

永代使用料

  • プレート代込み全部で30万円

年間管理料


  • 墓地 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野『法楽の苑』内
  • 資格 居住地・宗教宗派不問
  • 墓誌 黒御影石製碑盤への彫込(デザイン自由)
お電話もしくはお問い合せフォームよりご連絡ください

ご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ。
法務時間は午前9時より午後5時までですが、緊急の場合はご遠慮なくご連絡ください。


お問合わせ
 

更新日:

Copyright© 宮床開運守本尊 大師山法楽寺 , 2018 All Rights Reserved.