八十八か所巡り守本尊道場について

本計画の趣旨は、四国八十八霊場へ関心があってもなかなか出かけらない方々が、魂入れをした各寺院のご本尊様へ手を合わせることにより、ご加護をいただける聖地をつくることにあります。
こうしたご要望は、托鉢先で幾度もおきかせいただいておりました。
霊場の創設は、托鉢に歩いていた時代から、共同墓と寺子屋と並び、「いつか必ず」と心に誓っていた願いです。
そして平成23年に建設の始まった道場」は、仙台市泉区福岡の山で徐々に姿を顕しつつありました。

ところが昨年、地域一帯に大規模なソーラーシステムを造り、万が一の際には地域の方々がそこから安定的に電力を受け取るという構想が持ち上がり、当該地も差し出すことになりました。
そのため、これまで無肥料・無農薬で稲作などを行ってきた『法楽農園』に移転するはこびとなりました。
現在、協力者の方々のお力をいただき、着々と準備を進めております。

各札所の形状などはこれまでと異なるものとなります。
いくつかの形を考慮中であり、造成工事完了後、具体的なお像などを造り始める予定です。
具体的な構想については、今しばらくお待ちください。

お電話もしくはお問い合せフォームよりご連絡ください

ご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ。
法務時間は午前9時より午後5時までですが、緊急の場合はご遠慮なくご連絡ください。


お問合わせ
 

更新日:

Copyright© 宮床開運守本尊 大師山法楽寺 , 2018 All Rights Reserved.